「紗月っ!」





バタバタと足音が聞こえて、息を切らしながら走ってきたのははーちゃんだった。




「大丈夫!?」


「うん、ありがとう」




はーちゃんを心配させたくなくて笑うと、はーちゃんは隣に座った。





「じゃあ俺、そろそろ行くわ」



そう言って立ち上がった蓮にありがとう、と言うと蓮は微笑んでくれた。




そうしてはーちゃんと2人になる。




「晴がさ、あいつらに強く言ってたから多分もう大丈夫だよ」




「え?」




晴が…?




「晴が怒ってるの初めて見た」


「なんで…」





落ち着いたはずの心がまた揺らぐ。

嫌いなんて、言っちゃったのに。





「だから…嫌いなんだよ…」





「え?」





嫌いって、言わなきゃ。

本気になったらダメだから。


でも嫌いって言ってなくちゃ、もう溢れてしまいそうで。



この心の奥にある、ぐちゃぐちゃの感情が、溢れてしまいそうで。





だから必死に嫌いって言い聞かせてた。





窓から見える曇り空は、あたしの頭の中みたいだった。