その日は1日三岳友輝に声をかけるクラスメイトはいなかった。


三岳友輝は終始眉間にシワをよせ、時折深いため息をついた。


あたしはそんな三岳友輝が気になって、席を立ったついでにチラリと視線をやった。


背中の蟲は更に数を増しているようにみえる。


クラス中から犯人として疑われるような事があったんだ。


蟲が増えるのは当然の結果だった。


あたしはその姿を見る度、今日どうにかしないとまずいかもしれないと、感じていた。


不安が膨れると同時に、蟲狩り師としての血がうずくのがわかった。


そして放課後、ホームルームが終わったと同時に三岳友輝がガタンッと椅子を蹴るようにした立ちあがった。


全員の視線が集まる。

この作品のキーワード
恋愛  トキメキ  切ない  ホラー  恐怖  ドキドキ  美少女  イケメン  狩り   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。