さっきから聞こえていたジューッという小気味いい音が大きくなった。油の弾ける軽やかな音とともに、香ばしい香りが目覚める前のふわふわとしたまどろみの中にいる菜々の鼻をくすぐる。

(あああっ、ベーコンだぁ!)

 スーパーの閉店間際の半額セールで買った厚切りベーコンを、フライパンで表面をゆっくりカリカリに焼いて食べたことを思い出す。

(あー、あれは贅沢だったなぁ。外はかりっとして香ばしいのに、噛むとじゅわっと肉汁が口の中に広がって……。スパイシーでちょっとしょっぱいところがいいんだよね。レタスと一緒に食べると最高……)

 そう思ったとたん、目の前にこんがり焼けた厚切りベーコンが現れた。

(あああーっ、ベーコン! しかも厚切り!)

 あーんと大きな口を開けてかぶりつく。

(あれ?)

 むしゃむしゃしてみたものの、期待したようなジューシーなベーコンの油があふれてこない。怪訝に思いながらも噛み続けていると、ベーコンが口の中からひょいっと逃げ出した。

「あっ、待って!」

 必死に両手を伸ばしてしがみつき、引き寄せたところを再び大きな口を開けて……。カプッと口に含んだそれは、今度は柔らかかった。

この作品のキーワード
シンデレラ  バーテンダー  イケメン  カクテル  フレア  三角関係  切ない  貧乏  年の差  ギャップ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。