その日、いつもの通り――だけどその家では最後となる――高二英語と国語の家庭教師のバイトを終え、今月の家庭教師代を受け取ると、菜々はトボトボと駅に向かって歩き始めた。

(また家庭教師派遣センターに頼んで、派遣先を探してもらわないと……。それとも、個別指導塾のコマを増やしてもらおうかな……)

 家庭教師は時給がいいので、できるならそちらを増やしたいけれど、中学や高校が期末試験直前の今、次の家庭教師先はそう簡単には見つからないかもしれない。それなら時給にこだわらず、深夜や早朝に働けるコンビニのアルバイトに応募した方がいいのかも……。

 菜々はため息をついて立ち止まった。雨に洗われたばかりの七月上旬の夜空はきれいに澄み渡っていて、濃紺の空にふっくらした半月がぽっかりと浮かんでいる。

「オムライスみたい……あーあ、お腹空いたな……」

 ため息をついて、人通りのほとんどない雨上がりの通りをまた歩き始めたが、バイトを一つ失ったショックと空腹が重なって、どうしても歩みは遅くなる。けれど、歩く速度が遅いと、いつもは目にとまらないものが目に入るようだ。

(こんなところにバーなんてあったっけ?)

この作品のキーワード
シンデレラ  バーテンダー  イケメン  カクテル  フレア  三角関係  切ない  貧乏  年の差  ギャップ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。