もう……嫌だな……。


心の中で弱音を吐く。



泣きそうになるのを必死で堪える。






「陽菜、いいの?」



横に視線を向けながら聞いてくるのは、私の中学からの1番の仲良しの山口花香(やまぐち はなか)ちゃん。



美人で元気で優柔不断な私を引っ張ってくれるしっかり者。






「よくないかも……」




かも、なんて言ってるけど本当は全然よくない。




お昼休み、お弁当を片付け机に突っ伏してうなだれる。








この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲