私も少しして、自分の席に戻る。




「陽菜遅い!次は男子の借り物競争だよ」



「あ、そうなんだ」



「男子のお題は好きな異性とかあって、すっごく盛り上がるんだから」




好きな異性……か。




『陽菜……好き』



さっきの先輩の言葉を思い出す。


告白されて以来に好きって聞いた。




誰かに想われてるって嬉しい……。



大希くんの時は私だけだったもん。


今、私は幸せ者だな。






「あ、始まった」



「ほんとだ!奥村先輩もいる!」






この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲