「海なんて小学生以来かも」



更衣室で服を脱ぎながら、思い返す。


海に来た記憶なんてほとんどない。




確か小学4年生の時に来たのが最後だったかな?





「そう、じゃあやっぱり買ってきて正解だったかも」




ニヤッと一瞬だけ怪しい笑みを浮かべた花香ちゃん。


私に有名な服のブランドの袋を手渡してくる。





前田先輩が海に行きたいって言って、それで今日は花香ちゃんと奥村先輩と前田先輩と私の4人で海に来た。



私の課題も花香ちゃんに教えてもらいながら、なんとか終わって海に行けることになった。






だから課題からの開放感と久しぶりの海にテンションが上がっている。



いや、いたんだけど……。





「何これ……」





この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲