『明日の花火大会、一緒に行かない?』



いつも通り昼近くまで寝ていたら、急にスマホが鳴り、開いて見るとそんな文字が。



送り主は奥村先輩。


奥村先輩!?





ベッドに寝転がっていたのを、勢いよく体を起こし、なぜか正座をして両手でスマホを持つ。





奥村先輩とは海に行った時以来会っていない。



連絡はマメにとっていたけど、会うことはなかった。


そのままお盆も過ぎ、気がつけば夏休みは残り3日。





課題が終わっているから、本当にのんびりできた。



ここまで有意義に過ごせた夏休みは、今までにあっただろうか?




それもこれも花香ちゃんが、7月中に課題を終わらせるよう、私に仕向けてくれたおかげだ。







って、そんなことは別にどうでもいい。





この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲