眠りにつけないまま日が昇る。

薄暗かった部屋が明るくなり、
諦めてベットから体を起こした。

一人にしては広いセミダブルベット。

元々一人ではなかったからここにあるベット。

「…朝だなぁ…」

うーん、と、背伸びをして
服を着替えて朝食の準備をする。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠