「…はぁ。わかりましたよ。ただ、いろいろするので、時間かかりますけどいいですか?」
「構わん。勝手にテレビ見てるから。」

あっそーですか。まぁいいですけど。

人がいると言う違和感を感じながらお風呂に入って化粧して。
部屋がそんなに汚れてなくてよかった。

まぁ、あいつのを処分した時点でかなりきれいになってたんだけどね。

いけないいけない。
ブンブン首を振って無理矢理あいつを追い出す。

いまは関係ない。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠