結局、立川さんには彼女さんのことを聞いたことは言えなかったし、謝れずじまいで。

手紙には、感謝の言葉と出ていくことを急に決めてしまったことへの謝罪の言葉と…
お元気でと、そのぐらいの内容しか書けなかった。



彼もかわりなく生活しているだろうか。

心配するなんて余計なことか。




この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠