どもー。俺月希。めっちゃ、美人で最高な彼女がいるんだけど、嫉妬して欲しくて浮気してる



だけど、ダメだって思ってても俺ばっかり妬いてどうしようも無かったんだ。今朝は女が



「月希ー♥キスして?」



俺がこんな香水臭くてパンダみたいな化粧な奴と?この妖怪と?無理でしょ。どう考えても



海の方が良いでしょ。



「めんどー。」



すると、海が伊藤とは違う男友達と登校してきた。それにイラついて俺は女にキスをした。



「んんっ月希」



これが海だったらどんなにいいか・・・。



俺は海が見ていると分かって

この作品のキーワード
イケメン  美女  浮気  嫉妬  短編  浮気現場  別れ  番外編  クリスマス