不動産屋に着いた私は、新しく住む物件をいくつか紹介してもらった。
その中のひとつ。
2階建てのおんぼろアパートで、今住んでいるマンションよりも、質はかなり劣っているのが一目瞭然だ。

でもこれからは贅沢できない。
いや、今までだって贅沢をしてきたわけじゃないけど。

そこは、スーパーやコンビニが近くにあり、バスや地下鉄の駅にも近い。
つまり、便利で交通のアクセスも良い。
妊娠している今、アクセス手段を車だけに頼っていてはいけない。

何より嬉しいのが、託児所が近くにあるという点。
先月までの私は、自分がそんなことを基準に物件探しをする日が来るなんて、想像もしてなかったよ・・・。

とにかく、そこにすぐ入れるかどうかは分からないけど、何とかなると強く思った。
そんな根拠のない自信というか、信念がないと、やっていけないじゃん。

迷ったのは一瞬だけで、そこに住むことに決めた。

この作品のキーワード
30代  オフィスラブ  尊大な俺様  意固地な女  御曹司  ギリギリ  息子  じれじれ  ハーレクイン  ロマンス的 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。