どうしてこうなったのだろう。
英斗の浮気現場を見て、別れを告げ・・・
ショックを隠しきれず新幹線のホームで泣いていると
私を心配して付き添ってくれたのが
まさかの元彼、弦だった。
そして私は今、弦のマンションのリビングのソファーに座っている。

あまりにも急な展開に、これは夢なんかじゃないのかと
本気で頬をつねった。
しかもつねってる瞬間を弦に見られ
どこかに隠れたい気持ちになった。

カバンからスマホを取り出し着信がないか確かめたが着信なし。
勿論、メールもない。
わかっていたことだけどやっぱりショックだった。

私は小さく息を吐き、スマホの電源を落とすと
バッグにしまった。

この作品のキーワード
元彼  再会愛  遠距離 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。