「...それで?逃げちゃった、と」



昼休み。

私は里菜とチョコちゃんに囲まれながら、宙を見ていた。


今朝起こったことを話すと、チョコちゃんは呆れた顔をして。

里菜は、面白そうにニコニコしていた。


私はため息をつきたくなるのも抑え、「だってさぁ」とこぼした。


「びっくりしたんだもん。イケメンさんだったんだもん」



....突然告白された、あのあと。


私は固まって、そりゃもう表情すらも固まって。

何も言えなくなって、だんだんと顔が熱くなっていって。


イケメンさんは、じっと私の言葉を待っていたけど。


この作品のキーワード
先輩  年の差  ツンデレ  ラブコメ  高校生  イケメン  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。