先輩と、お友達を続けることになった。



といっても、普通のお友達じゃない。

『お付き合いを前提としたお友達』だ。



.....自分で言ってて意味わかんねえ。


いや、でも私もそうなって欲しいと思ってるし、たぶん合ってる。うん。

結局は、私次第なんだけどさ。



そんな関係になってから、四日目。


私は、迫り来る定期テストに怯えていた。



「....で?なんでこんな答えになるの?」

「け、計算したらこうなりました...」

「正しく計算すればこうはならないよ。ハイやり直し」


今は、テストに備えて勉強中。


学校の自習室で、頭のいい汐見先輩に教えてもらってるんだけど。

先輩、なかなかにスパルタ!!

この作品のキーワード
先輩  年の差  ツンデレ  ラブコメ  高校生  イケメン  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。