地下鉄の駅を出てすぐのところにあるファッションビル。

そのB1Fにあるロリータファッションのお店の奥に、私は座っていた。


決して、25歳になる私が自らロリータを纏おうとしているわけではない。

用があるのは、目の前にいるお姉さんだけ。


「……で、何を悩んでいらっしゃるの?」


真っ黒なゴスロリ服で身を固め、髪は縦ロールにし、お人形のようなメイクをほどこした彼女は、年齢不詳。

服と同じく真っ黒に塗った爪がついた手で、タロットカードをいじっている。


そう、このお店の奥の一角では、このお姉さんが占いをしてくれるのだ。

友達から良く当たると紹介され、私は初めてこのお店を訪ねた。


「会社を辞めようと思っていまして……次はどんな職業がいいかなあ、と……」


占い師のお姉さんはうなずくと、私たちの真ん中にある小さな丸テーブルの上でタロットカードをシャッフルしはじめた。


そして置かれたカードをながめ、囁くような声で話し出す。


「あなたは今、上司に裏切られたような気持ちでいるのね」


「そう!そうなんです!いきなり異動って言われて──」


事情を説明しようとしたあたしを、占い師は手のひらを出して制した。

何も言わなくてもわかる、と言うように。




──事の始まりは一週間前。


勤めていたメガネ店が閉店することになり、その準備をしているときだった。

たまにしか現れない地区長が、他店に送るフレームを箱詰めしていた私のところに来て言ったんだ。


「はっちゃんごめんね。地区異動決まっちゃった」


と……。




この作品のキーワード
ほのぼの  意地悪  メガネ男子  年上  上司  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。