それから、約2週間。

私はまだ、まじめに出勤している。


「えっ、占い師に異動先で彼氏ができるって言われたの?」


一緒に昼休みに入った平尾さんが、頬を紅潮させて聞いてきた。

ちなみに場所は例の、2階の寮。鬼の住処だ。


「出会うことはできるって。でも、その出会いをモノにできるかは、私にかかってるって」

「へえ。でもいいなあ、ロマンチックじゃない。運命の恋人が、いつ現れるかもしれないってことでしょ?」


平尾さんは大きなコンビニ弁当を目の前に広げ、目をキラキラと輝かせていた。

乙女なんだかおっさんなんだか、よくわからない人だ。


「だから、毎日メイクに気合が入ってるわけだ」

「そりゃあ、手を抜いたときに素敵な人が現れたらショックですからね」

「うんうん、そうだそうだ。出会いはいつあるかわからないもんね。私も見習おう」


と言いながら、もう3つ目のから揚げが平尾さんの食道を通過していった。見ていて気持ちのいい食欲です。


私は家から持参した、手作りのお弁当をつつく。

まあ手作りと言えば聞こえはいいけど、その実はお休みの日に作り置きした鶏団子と野菜のスープと、おにぎり。

朝から何品もおかずを作る気力はない。


「ああ、早く運命の人が迎えにきてくれないかなあ……」


好きな人ができれば、自分磨きももっと楽しくなるんだろうけどなあ。

気力を向ける場所がないから、やる気がでない。
今までの仕事場と一緒だ。


この作品のキーワード
ほのぼの  意地悪  メガネ男子  年上  上司  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。