翌日の学校では玲音となるべく顔を合わせないようにして過ごした。



一晩明けたら、怖かったことより、悲しかったことよりもフツフツと怒りが湧き上がってきて


玲音に殴りかかりそうになる自分を抑えるのに必死だった。




「りり花、どうしたの?」



「……なんでもない」



いつも通り、教室で友達とふざけあっている玲音に尖った視線を向ける。



あんなことして、

絶対に許さないんだからっ!




この作品のキーワード
幼なじみ  腹黒  甘々  半同棲  天然  胸きゅん  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。