保育園に着くと私に気がついた桜ちゃんがテケテケと駆け寄ってきた。

それを合図に他の子もテケテケヨチヨチとやってくる。


集まってきた子ひとりひとりと手を握って挨拶をしていると

なんだか本当の先生になったような気分になってドキドキしてしまう。



園庭に出て、みんなと鬼ごっこをして遊んでいるとキャーキャーと子供たちの高い笑い声が園庭に響く。


鬼ごっこといってもまだみんな小さいので私が鬼になってみんなを追い回す。


ワーワー、キャーキャー笑いながら逃げていく子どもたちを一人、また一人…とつかまえて遊んでいると、

園長先生に呼ばれた。




「りりちゃん、すぐにお母さんに連絡して。

よくわからないけど、病院に行くようにって」



職員室に戻ってケータイを確認すると、

うちのお母さんと玲音のお父さんから何件もの着信が入っていた。



この作品のキーワード
幼なじみ  腹黒  甘々  半同棲  天然  胸きゅん  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。