side 和泉蒼空





「ねえねえ、和泉くん。」



相変わらず日常が日常のままの中。



「聞いてる? ねぇ、和泉くんってばー。」



コイツはまた懲りもなく、能天気そうな顔で僕に話し掛けて来る。



「いーずみくーんー。」


「ああもう!! さっきから何だよっ、うるさいなぁ!」


「だって、呼んでも返事してくれないんだもん。」




今は昼休み。



僕はいつも通り購買でパンを買って。


いつもの場所、中庭の日影で昼食を済ませようとしていた。



……なのにコイツが!!

倉橋しずくが!!



「和泉くん、一緒にお昼食べよ?」


……なんてことを言い出して。



最早ストーカーと呼べるコイツを撒くことも出来ず、ここまで連れて来てしまった。





この作品のキーワード
  一粒    正反対  日影  日なた  暴力  ナノカ