side 和泉蒼空





――……決して、アイツが心配になったからとかではない。




あのあと、僕は一直線に家へと帰った。


勿論、1度教室に戻って鞄を持ってから。



家に着いて、いつも以上の疲労に体をベッドへと埋めたとき。


僕は“そのこと”を思い出した。



「ああ! 伝言!!」



“大ちゃん”とやらに言われた伝言を、見事伝え忘れていたんだ。


いや、伝え忘れる出来事を起こしたのは間違いもなくアイツだが。


僕が伝え忘れたことに違いは無い。



それから数10分はいつも通りに過ごした。


別に1言2言、伝え忘れたぐらいで大事になるはずがない。



平気だ、と自分に言い聞かせて、20時までは過ごしたんだ。





この作品のキーワード
  一粒    正反対  日影  日なた  暴力  ナノカ