「ん……」


薄く開いた目に飛び込んできた世界は、真っ白だった。


「あれ、俺…?」


顔を上げた先には
心電図と点滴の管。



ーーー あぁそうだ

ここは病室だ。


ベッドの隣に置かれたイスに腰かけて、葉子の顔を眺めているうち
いつの間にか、突っ伏して眠ってしまったらしい。

窓の外はようやく白み始めている。



「……葉子?」


葉子の左頬に一筋の涙が流れていることに、ふと気がついた。


「……」


思わず 手をあてた

その時


「、っ!?」


心電図から鳴り響いた甲高い音に
俺は思わずびくっと体を強ばらせた。

それが葉子の体の異常を知らせるものだということは、すぐにわかった。


「だ、誰か来てくれ!」


ナースコールを握りしめて叫ぶ。


「葉子が…!」


飛び込んできた看護師によって、俺は病室の外へ追い出された。



「葉子…」




嘘だろ 頼むよ

助けてくれよ


聞こえてんだろ?


神様

この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  純愛  上司  初恋  元彼  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。