私と司くんの間を 風だけが通り過ぎていく。


「……上原」


司くんは
ただただ真っ直ぐに、私を見ていた。



「それがどういう事か、わかってる?」




『私も一緒に連れていって』



さっき自分で発した言葉が、頭の中に甦る。


「…うん」


微かに震える両手をぎゅっと握りしめて、私は頷いた。


怖くないといったら、嘘になるかもしれない。

でも、もう一度司くんの隣にいられるのなら

迷いなんてーーー




「……出来ない、よ」

この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  純愛  上司  初恋  元彼  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。