――『日野くんっ、いっしょに帰ろー!』


古びた小さな教室で、下校時刻とあって周りが騒がしい中、赤いランドセルをかるった幼い私が、男の子とは思えないほどに可愛らしい男の子に話しかけている。


『……ごめん、俺今日は咲坂とは帰らない。』


小学6年生で私より身長も小さい日野くんは、誘う私に一瞥もせずに黒のランドセルをかるった。


『え…っ?』

『――日野ー!帰ろうぜーっ!』

『おう!今行くー!』

『ちょっと日野くっ――…』


荷支度を整えた日野くんは、教室の入り口付近にいる男子たちに呼ばれると、颯爽と私の前を通り過ぎて行ってしまった。

いきなりどうして?

この時の私は、今まで仲が良かった日野くんが、いきなり私を避けるような振る舞いを見せたことに、戸惑いを隠せなかった。



この作品のキーワード
医者  薬剤師  極上男子  3高  あまあま  強引  一途  じれじれ  溺愛  鈍感 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。