妙に静かな空間だった。


 私は今、副島新のベッドの中にいる。副島新のベッドは私のベッドよりも広く、二人で並んで寝ても十分な広さがある。並んで寝ても、身体が触れ合うことはない。真っ暗にして寝ることが多いのか、副島新の寝室は真っ暗だった。

 
 でも、真っ暗でよかったとも思う。もしも、少しでも明かりがあったら、今以上に緊張したと思う。


 シーツの替えられたベッドの前で躊躇する私を副島新はキュッと手を引き、私をベッドの中に引き擦り込んだ。そして、背中にサラサラとしたシーツの感触を感じると、ふわっとしたガーゼ素材のタオルケットが私の身体に掛けられた。


「それは新品。葵専用だから。じゃ、おやすみ」


 そういうと、そのまま副島新は静かに目を閉じたのだった。背中を向けるのかと思ったけど、私の方を向いて寝てくれていた。さっき、時間を見ると既に日付は変わっていたし、ビールを結構飲んだから、副島新も眠いのかもしれない。


 しばらくして暗がりに目が慣れると目の前に副島新の綺麗な顔がある。こんなに至近距離で見ても綺麗だと思う。


 さっきまで結構飲んだからか、すでに副島新は夢の中にいるようで、安らかな呼吸が聞こえる。私はというと、ドキドキが止まらなくて一度目を閉じたけど、結局は寝れなくて…今に至る。少し身体を動かすと、身体の上でサラリとガーゼのタオルケットが揺れた。


 私専用…。


 なんか気恥ずかしいけど、これからもここに来てもいいって言われたみたいで少しだけ嬉しかった。

この作品のキーワード
大人の恋  独占欲  俺様  結婚  プロポーズ  同僚  オフィスラブ  不器用  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。