…俺だって知ってた。栞の過去が裏切られたことだけじゃないってことくらい。


でも栞は、どこか一定の距離を置いていて。


「これ以上踏み込むな」と言われているような気がした。

そんな、闇に包まれた瞳を見るたびに苦しくなって。



栞の全部を分かりたいと思った。






この作品のキーワード
元姫  裏切り  暴走族  真実    いじめ  現姫    過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。