昨日は衝撃的な一日だった。



─────昨日は街をパトロールしていたんだ。レイプや薬をやっていないか見回っていた。



そん時に路地裏に引っ張られてく女が見えた。



「なにをやっている」
と低い声で言えば怯え出す。逃げようとしたところを気絶させた。


「ありがとうございます…」


そう、礼を言った女と目が合い、びっくりした。その女は学校でも有名な黒瀬栞だったんだ。



この作品のキーワード
元姫  裏切り  暴走族  真実    いじめ  現姫    過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。