その男は、お爺ちゃんに担ぎ込まれてここにやってきた。

路地裏に存在する骨董品屋を営んでいる私の家に。

男は、酷い怪我を負っていた。

あちこちから血が出てるし、息だって絶え絶えだ。

でも、その傷を癒す事じゃなく、呼吸を整える事じゃなく。

まず最初にお爺ちゃんに言った言葉。

「お、俺に調息法(ちょうそくほう)を教えてくれよっ、爺さんっ!」

その一言で、私は悟ったんだ。

ああ、彼も…印堂 丈一郎(いんどう じょういちろう)もまた、『こちら側』に足を踏み入れてしまったんだなって…。













この作品のキーワード
調息法  化け物  邪悪サーガ