丈一郎が、お爺ちゃんに調息使いとして一応認められて一週間が過ぎていた。

「……」

朝。

私は丈一郎の出で立ちを見て閉口する。

革のツナギに、モトクロス競技用のプロテクターを身に付けた丈一郎。

「……何それ」

ジト目で見る私に、丈一郎は自信満々で答えるの。

「戦闘服っっっ!それは男の浪漫っっっ☆」

その☆何。

「俺もこれから調息使いとしてゾンビやグールと戦うからにはよぉおぉ、その覚悟の程ってもんを見せつけてやらにゃあよぉおぉおっ、この戦闘服はその覚悟のあらわれっっっ!」

「……あー朝の紅茶美味しー」

取り敢えず付き合っていられないので無視。

この作品のキーワード
調息法  化け物  邪悪サーガ