私はみんなとは違って、家が遠い。。
友達ができてもいっしょには帰れない。

図書館で6時半まで本を読んで、
帰り、ひとりで歩いていた。


前から人が歩いてくる。
…ぁ。
人気者の人だ。
私は目も合わせず通りすぎようとした。

「ぁ、同クラの人だよね??」
あっちに気づかれた。

「ぁ、うん。なぎさです。」

「なぎさね。帰り??」

「うん。」

「こんなに暗くなるまでなにしてたの?」

「図書館で本読んでた。」

「そっか、送るよ。」

「ぁ、ありがとう。でも大丈夫。」

「いや、危ないから。」

「ほんとにだいじょぶ!まだ明るいし。」

「家どこ?」

「………ドーナツ屋さんの近く。」

「ぁぁ、おっけ。行こう。」

断ったのに送ってもらいました。



「あの…」

「なに?」

「なんで送ってくれるんですか?」

「外くらいから。」

「誰でも送ってあげるんですか??優しいですね。」

「誰でもではない。笑」

「なぎさとはまだ話したことないから。」

「さすがだね。」

「ん?」

「人気者らしい発言だなって。」

「そんなことないよ」

「ううん。あんなに人を笑わせられるなんてすごいと思うよ。私にはできないもん。」

「ありがと。」




これが人気者くんとの会話でした。笑

この作品のキーワード
初恋  告白  失恋  スクールラブ  女子高生  男子高生  同級生ラブ  初めてのキス