会計に並んだところで菫の電話が鳴る。


「あ、ごめんなさい。えと」

「払っておくから電話に出なさい」


モタモタしてるとどちらもできなくなる。
菫を戸口に追い立てて、私が支払いを引き受けた。

最初は別な店員がレジに向かおうとしたのに、目ざとく見つけた数家さんがやってきた。
会計をする間も私から離れない視線がまるで見えないロープのよう。


「お釣り、270円になります。ありがとうございました」

「はいはい。ごちそうさま」


早々に逃げようと思っていた私の手を、お釣りを乗せるのに乗じてつかむ。


「もし良かったらご住所教えていただけませんか。サービス券とか贈らせていただきます」


物腰は柔らかいくせに押しが強いな。

なんだか断りづらい。
もう、金輪際来ないつもりだったのになんてこと。


「……はあ」

「もしダメなら、またグルメサイトに忌憚のないご意見を書いていただければ」


でもタダで書き込むよりサービス券なり貰えるんならそのほうが得だしな。


「分かった、いいわよ」

「ありがとうございます!」


諦めた私は、結局住所とメールアドレスを彼に渡す。
まあ相手の身元が知れているなら、何かあっても訴えることも可能だし。


「……刈谷先輩、もしかしてナンパされたんですか?」


電話を終えていた菫が、キョトンとした顔で私を覗きこむ。


「違うわ」

「でもなんだか照れてるみたいな」


そんなんじゃない。

ただ、誰もが毒だと思うような私の言動を、褒め称えたのはあの人が初めてのような気がするから。


だからよ。
ちょっと顔がニヤついてしまうのは。


この作品のキーワード
大人の恋  毒舌  店員  シンデレラ  不機嫌  飲食店  モニター  笑顔  ときめき  策士 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。