私は、一条院梨花

29歳。
あの日本…いや世界優秀の一条院カンパニーの社長令嬢。

幼少の頃からお嬢さん育ちで何の苦労もせずに幸せに暮らしていた。

のち夫である貴史に婿養子に入って貰い結婚。
26歳には、娘の美桜を出産する。

まるで絵に描いたような幸せの家庭
…になるはずだった。

しかし、
不況や経営難から会社が傾き始める。
多額の借金…何とか立て直そうとした矢先に

あの男が現れ
私の会社である一条院カンパニーを買収し全てを奪い取って行った。

残ったのは、剥奪された名誉じゃなく
多額の借金のみ。
夫は、酒に溺れ飲酒運転で事故死。

借金は、財産を放棄して免れたが…
娘の美桜を抱えたまま無一文になってしまう。

私は、絶望と共に怒りが込み上げる。
あの男が、私の会社を奪い取らなかったらこんな事には、ならなかった。

愛しい夫を死ぬ事も無かったし
会社だって立て直す事だって出来たかもしれないのに。

全てアイツのせいだわ!!
復讐してやる。
そう思い会社まで怒鳴り込みに行った。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  同居  夫婦  意地悪  ツンデレ  俺様  ほのぼの  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。