「お嬢さま
 お嬢さまは、肌もキレイだし
 もともと可愛いんですから
 ちゃんとお化粧すれば、雑誌のモデルのように素敵になれますよ!」

後ろから、ユキが覗きこむように顔を出してニッコリと微笑んだ。


「私が可愛いわけないじゃん
 ユキのほうがよっぽど美人だって」

そんなことはない、お嬢さまは本当に可愛いと言うユキを無視して
慰めなくていいのと、ブツブツ文句を言いながら立ち上がり

真優はドレッサーを開けて服を見渡した。

壁一面のドレッサーには、袖を通していない服が沢山並んでいる。



「お嬢さま やっぱりスカートももっと揃えましょう」 

隣で一緒に覗くユキがそんなことを言うが、必要ない。

「いいの スカートはどうせ履かないから」

スカートは自転車に乗らない雨の日に履けば充分だ。


「奥様や旦那様が買ってくださった可愛いブラウス
 こんなに沢山あるのに 全然着ないんですもの
 もったいない」


―― なるほど…
  ブラウスか…

シャツから可愛いブラウスにしただけでも、ちょっと違うかも?