「どうぞごゆっくり」

トスッ

小さな音を立てて、襖を閉めた仲居が消えると、
ほんのり頬を染めた真優は、

「そういえば
 帰る時にロビーで氷室先輩に会ったんですけど
 おめでとうって…」

恥ずかしそうに視線を落とし、
一旦片付けられた膳に置かれた葛切りに、そっと箸を伸ばした。


「そう…」


―― 仁のやつ…