『ふぎゃっ!!』





ある休日の昼下がり、寝室から何かが雪崩落ちる音と同時に彼女の叫び声が聞こえ、急いで部屋に駆けつけると、最も恐れていた事態が起こってしまっていた




いったい何をしたかったのはわからないが、寝室の棚の奥深くに眠らせていた俺の宝物というか、ずっと大切にしてきたあるものが彼女の手の中にあったのだ





『おまっ、バカ!!何してるんだよ!!』




それを見られぬよう、素早く彼女の手から奪い取るが既に遅く、彼女はばっちりと見てしまったらしく、こちらをじーっと見てくる




『な、なんだよ…』





『…………その、い、いったい誰のことが好きだったのですか?』




『…は?』





思いもよらなかった言葉に首を傾げると、珍しく怒涛の勢いで攻め寄ってきた






この作品のキーワード
幼なじみ  プロポーズ  一途  ストーカー  不器用  好き