やっぱり、俺の思っていた通りだった。

今朝いつも病院へ出勤する途中の裏道で、遭遇する車の中に彼女を見つけた。

シルバーの軽自動車。

ほとんどその車の運転手が彼女だと確信に近かったけれど、今日は車を思いきり近づけてみた。

運転席の窓越しに見える彼女の顔。

明らかにこちらに怒っているような表情。

間違いない。

でも用心して自分の車の窓を開けてくれるだろうか。

そう思いながら、こちらの窓を開けてみる。

疑心暗鬼だったが、こちらのジェスチャーに気が付いて、彼女はあっさりと窓を開けてくれた。

念のため、チラッともう一度顔を確認する。

やっぱり間違いない。

新田美紗、本人だ。

そこで用意してあった俺のスマホ番号を書いた紙飛行機を投げ込んだ。

この作品のキーワード
大人  胸キュン  恋愛  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。