「わ、私、
夢だと思ってて…。

赤い頭のお兄ちゃん。」

チカは、震えながら
そう答えた。

あまりにシリアスな空気に耐えきれず、
母は、
店長の元へ、
「孫と遊んでくるわ」と
出て行ってしまった。

見事にあの人は、
爆弾落として行くな。


「…。

なんで?なんで言ってくんなかったの?」

やばい、
めっちゃ怒ってる。

「んー、
理由は色々あるんですけど、

ほら、見てよ。
俺、ちょっとこの時だけ
やんちゃだったというか…
あんまり知られたくないというか…」

自分でも久々に見て、
びびった。

赤頭は、
1日だけだったのに、
よく撮ってたもんだ。

赤頭以外も、
パーマかけたり、立たせたり、
ピアスも0号で
めちゃくちゃ目つきも悪い。
ていうか、
ガラが悪すぎる。

俺、こんな顔してたんだ。

これはヒくわ。

俺が彼女でも、
これはやばい。

この作品のキーワード
王子様  番外編  胸キュン  シリアス  ラブコメ  結婚  出会い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。