君との出会いは、君がいうには小学三年生児童館であったんだね。

君がいじめられているところを私が声をかけてくれた。それから私は君にとってのヒーローになったんだよ。君はそう話してくれたね。

この作品のキーワード
多重人格  実話  荒れる  青春  友達  後悔    イジメ