中2になってなら、やっと君が幻聴幻覚がすることが嘘じゃないってわかったよ。
気づくのが遅くてごめんね?

それから君はいろいろ話してくれたね、多重人格のことや家のこと、先生だって知らないことを話してくれた。

君が倒れる度私は怖かった、君が私にしか話してない話もあったから、私が支えなきゃ、私が強くなんなきゃって。

この作品のキーワード
多重人格  実話  荒れる  青春  友達  後悔    イジメ