深夜0時を回ったところで、突然画面が変わり、進捗状況が知らされる。


数字が大きくて、一瞬分からなかったけれど、確認すると大半の者がタップしていないことが分かった。


これには大半の者が焦った。なぜなら、自分のタップした回数が、他の者に分かってしまったからである。


生贄投票がこの後も続いていくのなら、万が一自分が選ばれたときに、全員の協力を得るためには、

当然自分も選ばれてしまった者の為に、タップのノルマを達成している必要がある。


だからもちろん10万回タップするつもりはあるのだけど、午後にクラスの中が揉めたこともあって、何となく放置している状態の者が大半だったのだ。