「痛てぇ~なぁ~オマエには関係ねぇだろうがぁ!」


エルゴンが晃司を睨んだ。


「いい加減にしろ!」


「オマエはよー。香川といつもヤってんだろ? そんなヤツに言われたくねぇんだよ!」


「ふざけんなよ」


「待って!」


もう一度殴ろうとした晃司に向かって、怜が叫んだ。


「何だよレイ?」


晃司が振り返る。


「ヤりたいだけなら別に、環奈じゃなくても誰でもいいんでしょ?」


「何だよ香川。じゃあオマエが入山の代わりにヤらせてくれるって言うのかよ」


「いいよ。その代わり絶対にタップしてよ」


「ちょっと待てレイ! オマエ何変なこと言ってんだよ」


突然自分の彼女が、突拍子もないことを言い出したので、晃司は本気で焦った。