「日田さんっ!」
「なんだ大島」
「あのっ・・・そのぅ、これ以上日田さんのお宅にご厄介になることは、やっぱり・・・」
「さっきも聞いたが、他に行くあてがあるのか?お兄さん夫婦は遠くに住んでいるんだろ?他に親戚関係の家に泊まるのか?それとも・・・あぁ分かった。彼んちか」
「ええっ!?ちがっ、違いますっ!!私、彼氏いませんから!」

好きな人は、今目の前にいて、会話してますけど!
と言いたいけど、もちろんそんな・・大胆なことを言えない私は、彼氏がいないこと否定するのに、全精力を注いだ。

「てことは、やっぱりおまえ、他に行く当てがないじゃないか」
「うっ。それは・・・・・・日田さんのおっしゃる通りなんですが・・・」
「じゃあこの話はこれで終わりだ」
「でも!」
「なんだよ」
「でも・・・これ以上、日田さんにご迷惑をおかけするわけには・・・さっきモモさんがヘンなこと言ってたけど、気にしなくでいいですから」と言う私を、日田さんはあきれ顔で、でも相変わらずハンサムな顔で見た。

この作品のキーワード
同棲?  メガネ男子  年の差  イケメン  頼れる男  可愛い女  少々コミカル  ハッピー