ぐーっと両手を上に伸ばして深呼吸。

屋上は今日も平和です。

右手にはフルーツ牛乳の紙パック。
隣には眠たそうな五十嵐。

これもいつものことであります。

「ね、五十嵐、飛行機雲だよ。」

「んー?ほんとだ。」

「私、五十嵐のせいで飛行機雲に敏感になっちゃった気がするんだけど。」

「ふは、何それ。いいじゃん別に。」

ごろん、と横になった五十嵐を見て
私も隣に寝転んでみる。

途端に空しか見えなくなる。

夏の空は、青く濃く染まって私たちを見下ろしていた。

伸びる飛行機雲はあっさりと消えて
明日もこの青空が広がると予言する。

「明日も屋上、くる?」

首だけ倒して五十嵐を見ると
五十嵐はすでに寝息をたてていた。

ヨダレが垂れそうな無防備な顔。

きゅうん、と漫画みたいな音が鳴りそうなほど心臓が軋む。

「……………す、き。」

小さく呟いた私の声と、バタンッと大きな音で屋上の扉が開いたのは同時だった。