「一回、女子社員に人気の洋菓子屋で買ったプリンにしたら、さすがにどこのかわからなかったのか、でっかいプリンに化けてたよな?」

ケラケラ笑う翔梧を眺めて、恥ずかしさ半分、怒り半分で顔を赤らめる。

き、気づいていて、何も言わなかったの?

「……わ、笑わなくてもいいじゃない」

「いや。笑うだろー。お前は澄ました顔してるし……だいたい、俺は甘党じゃないのにプリン常備してるとか、変に思わなかったのかよ」

ちらっと目が合って、視線を空に向けた。

あまり、思わなかったかな。

思わなかった……と言うかさ。

「私の為……だった?」

「まぁな。俺は紅茶は飲まねえし、砂糖も使わない。当たり前に甘いプリンも、クッキーも食わねえよ」

「……そう」

ポツリと呟いて前を向くと、その顔を翔梧が笑って覗きこむ。

「お互いに、言わないことが多すぎたな?」

「……そう、だね」

「困った顔してんなー?」

そりゃそうでしょ。

冷蔵庫のプリンも、紅茶のティーバッグも、シュガーポットに毎回満杯のお砂糖も、翔梧も使うものだと思っていたもん。

ちょっとだけ拝借してるつもりで、たまに補充していたけど、あまりなくならないから……少しだけ不思議ではあったけどさ。

「言ってくれれば、良かったのに」

「あのな? よーく考えてみろ」

学校の先生みたいに真面目な顔をして、翔梧は人差し指を立てる。

「プリン買っておいたから食えだとか、紅茶と砂糖補充しておいただとか、バイトもしてない大学生の彼女に社会人してる男が言うのか?」

……えーと。それは普通に軽く会話にならない?

「そんなもん、いちいち言ってたら、ただのケチな男だろ?」

「……それは、間違いないよね」

ふて腐れたような翔梧を見上げた。

……そうだね。

翔梧はあまり言葉にはしなかったかも知れないけど、そんな優しさがあったと思う。

小さく笑うと、諦めたよう苦笑が見えた。


……そう。私はそんな翔梧が大好きだった。

それを、今さら思い出した。