「……溺愛されちゃってるのねー」

呆れ半分にポツリと呟くと……。

「それも、自信もっていいだろうな」

低い声の返事に、もう大丈夫だと判断して、苦笑いしながら顔を上げた。
そして、真面目な顔で見下ろしている翔梧に思わず吹き出す。

「どーして、そういう台詞だけは真面目に言えるのかな?」

「言ったことがないから……か?」

「結婚してくれも言ったことがないでしょうが」

翔梧は眉を下げて、遠くを見るように視線を外していく。

「……言葉にはしなかったけど、シミュレーションはしてたよな」

……プロポーズを脳内シミュレーションしてたの?

「……引くわー……」

「引くんじゃねぇ」

ムッとした翔梧の表情に笑っていたら、割り込んできた低い声。

「……そんな目立つところで何をやっているんですか。あなたたちは」

とことん呆れたようなその声に振り返り、そこに葛西主任の姿を見つけ、お互いに顔を赤らめて離れた。

「そんなでしたら、噂になるのは時間の問題ですよ」

厳しい顔の注意に、私はともかく、翔梧までシュンとしてお互いに顔を見合わせる。


そして、私たちが結婚するのは、それから半年後の春のことだった。