朝のHR終了後も私は風子と七海とお喋りを続けていた。

あ、風子に数学の宿題聞こうかな。
風子はこう見えて、理数に強い。

風子って声を掛けようと思った瞬間に、高村が振り返った。

私にブルーのノートを差し出す。

「はい、さっき言ってた数学の宿題。
天野、頭悪くないからこれ見ればわかると思う」

パラパラとページをめくる。

ノートは高村らしく、綺麗な字で几帳面にとられていた。

他の人に聞いてって言ってたくせに。

こういう不意打ちはずるいよ。


高村のノートがすごいからか、
私の頭が悪くないからか、

ノートに書かれた数式を見ただけで理解できてしまった。

ちぇっ、残念。
わからないとこがあれば、また話かけられるのに。

嘘ついて、
ちょっと馬鹿なふりして、
「わからないから、教えて?」って言えばいいのかもしれない。

他の男子なら、大喜びで教えてくれるはず。


だけど・・・

高村にはきっと私の嘘は通じない。

いつだって、高村には見透かされてきたから。

この作品のキーワード
クール系男子  学園  片思い  ラブコメ  俺様  幼なじみ