□第三章 私が婚活出来ない理由 






金子が事務所で電撃交際宣言をやらかしてから早一週間。
私はすっかり社内の女子の、嫌われ者になっていた。



まぁ、元々好かれてたわけじゃないし、一緒にお昼を食べるようなお友達がいたわけでもない。

すれ違いざまにヒソヒソ悪口を言われたり、あからさまな悪意がこもった視線で睨まれたりそのくらいだ。

実害があるわけじゃないから、気にしなければいいだけの話だ。



―――ビッチ。
―――男好き。
―――悪女。


そんな根拠もない悪口、中学時代からオタクだとからかわれていた私には、どうってことないし。
相手にした方が負けだ。

そう自分に言い聞かせながら休憩室でお弁当を広げ、ため息をつく。


あー、なんかもう。食欲がない。

多少つついただけで、ほとんど中身の減ってお弁当箱の蓋を閉め、飲み干したお茶のペットボトルを持って立ち上がる。

この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  性悪  社内恋愛  大人  意地悪