□第四章 我が聖域は立ち入り禁止 




「はぁーよかった。すごいよかった」




私は新幹線の座席に座りながら、ゲットしたお目当ての缶バッチを見てニヤニヤと口元を緩める。

欲しかった一番好きなキャラと、その幼馴染みのキャラ。
ふたつともゲットできて大満足だ。

それにしてもやっぱり映画はいい。
テレビシリーズもいいけれど、作画の気合の入り方が違う。
どのカットを見ても線が綺麗だし、どのキャラクターもかっこいいし。
音楽もよかったし、サントラとか出ないのかな。

なんて思いながら映画のパンフレットを眺める。

ちなみに今日で映画を見たのは三回目だし、パンフレットは二冊目だ。
一冊は保存用にちゃんと家にとってある。


「さっきから、俺のことは完全無視だな」

パンフレットを熟読する私のを見て、隣の座席に座る金子が不貞腐れたようにため息をついた。

「あ、金子さん。映画どうでした?」

そういえば、ずっとひとりで映画の余韻にひたってしまっていた。
慌てて金子に感想を聞いてみる。

この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  性悪  社内恋愛  大人  意地悪