二十代最後の年を迎えたその日。
俄かには信じられないことが起こりました。



合コンで知り合った、同じ会社の財務部勤務のエリート社員。
私より一つ年上の西郷譲(さいごうゆずる)、三十歳。


私の誕生日に『会おう』と言ったのは、彼の方だ。


付き合って半年。
将来の決断をするには、やや焦り過ぎの感は否めない。
だけど世間的には決して早いわけじゃないし、年齢を考えても、今がまさにその時!だと思った。


だから、彼からの『プロポーズ』を先読みしていつもよりデート服も気合を入れた。
オフィスを出て来る前に髪を巻き直して、念入りにメイクを直した。
少なくとも、通常比三割増しくらいの私のはずだ。


きっと……。
三ツ星レストランの窓際の夜景が見える席で向かい合ったら、西郷さんはスーツのポケットからおもむろに小さなジュエリーケースを取り出す。
そして、私に言うはずだ。


『結婚しよう』


その言葉を想像して頬の筋肉を緩めた。


今か今かと彼の右手ばかりを注視していた。
なのにその手はテーブルの上で軽く指を組み合わせたまま。


「あのさあ……。悪いんだけど」


彼は、私の期待とはなんだか違う一言を呟いた。